お届け 道東の逸品

2020年8月8日(土)
北海道新聞の朝刊にお届け道東の逸品として掲載されました。
振り返ると私が入社した頃は、外国産小麦を使うのが当たり前でした。
逆に、「国産小麦なんて使ったらコシが無くて色がくすみ、品質の悪い麺になる」くらいの勢いでした。
通勤途中の畑ではたくさん小麦が栽培されているのに、なぜこの小麦を食べる事ができないんだろ?って疑問に思っていました。

それから数年後、現在の「きたほなみ」と言う品種が出てから主人の目が輝き始めました(笑)
「これなら納得がいく麺が作れるかもしれない!」と。

今では北海道オホーツク産小麦を使ってあらゆる種類の麺を作っていますが、当たり前じゃなかったあの頃を振り返ると夢のようです。

開発した商品のひとつひとつに誕生までの思い出があってまるで子供のよう。

「きたほなみ」中力粉は主にうどんやひやむぎなどに使用しています。
「春よ恋」や「ゆめちから」などの強力粉はラーメンやパスタに使用しています。

よろしければ、
工場一階のつむぐラボ
弊社商品のお取扱店様にてお手に取っていただけると嬉しいです。
写真は“日本一の給食“佐々木十美さん監修、
「十美さんのレシピ付きギフト」
TUMUGU Labo(つむぐラボ)
住所:北海道北見市豊地26-26 
TEL:0157-33-3155
営業時間:10時~16時
(食事提供時間:11時~14時 ラストオーダー)
定休日:土・日・祝日
津村製麺所ホームページ 
http://tsumura-seimen.co.jp/

TUMUGU Labo

「麺でつむぐ地域と未来の製麺所」をコンセプトにした、 生産者やお客様とのコミュニティースペースです。 11時から14時までは自社製造の麺を使ったメニューが お召し上がりいただけます。 お気軽にお越しください。

0コメント

  • 1000 / 1000