” つむぐラボ ” 明日オープンします。

津村製麺所は、香川県から北海道の地に入植した津村春吉が、

昭和24年(1949年)に北見の地で創業しました。

創業以来、初代から受け継ぐ製法と新しい技術を融合させ、

従業員一丸となって手づくりの心を大切に麺作りに打ち込んできました。

地域の価値を地域で高め、地域社会を豊かにしたい、という想いのもと、

素材は、広い大地から生まれる北海道産小麦に厳選し、

きたほなみや春よ恋、つるきちなどの品種を使用、

特に、オホーツク地域で生産された小麦だけでつくる製品にも力を入れてきました。

また、麺に関わる様々な方々の価値創造のお役に立てるよう、

フルオーダー麺のご相談も承ってきました。

創業から70周年を迎え地域に育てられた私たちがするべきことは、

これまで以上に麺を通じて、地域の価値を最大化することです。

地域との結びつきを強め、さまざまな方の声に耳を傾け、世界にその価値を届けるべく、

消費者、事業者を問わず、この地に住む人たち全ての人にとっての麺の研究所として

「つむぐラボ」を開設いたします。

新メニューの開発、試食、試作品の提供や製品の直売を通じた消費者の方々との

コミュニケーション、イベント等麺を通じたコミュニティづくりや情報発信、

よりよい製品づくりに向けた事業者様との研究開発の場を通じ、

この地が、生産者の方々が生み出す素材の価値を、

地域の方々と共にさらに育てていきたいと考えています。

つむぐラボ、ぜひご活ください。

2019年4月10日 10時オープン


TUMUGU Labo(つむぐラボ)
住所:北海道北見市豊地26-26 

TEL:0157-33-3155
営業時間:10時~16時

(食事提供時間:11時~14時 ラストオーダー)
定休日:土・日・祝日

津村製麺所ホームページ 

http://tsumura-seimen.co.jp/




TUMUGU Labo

「麺でつむぐ地域と未来の製麺所」をコンセプトにした、 生産者やお客様とのコミュニティースペースです。 11時から14時までは自社製造の麺を使ったメニューが お召し上がりいただけます。 お気軽にお越しください。

0コメント

  • 1000 / 1000